Miss W 2018 5名の新ミス・ウイルソンが決定! 期待の超新星たちにスポットライト

ミス・ウイルソン2018が決定! 第12回目となるミス・ウイルソン選考は、推薦制として実施。5名の新ミス・ウイルソンがその座を射止めた。テニスが大好き! という新ミスたちは一体どんな方たちかをご紹介していこう。



ブランドマネージャー道場滋氏「ウイルソンにとって、ミス・ウイルソンやカレッジチームの皆さんは、フェデラーや錦織選手たちプロ選手たちと同じ宝物だと思っています。これから一緒に活動していただきます。どうぞよろしくお願いします」

2019年1月18日に行われた授賞式にて、新ミス・ウイルソン(以下Miss W)たちに、ブランドマネージャー道場滋氏から言葉が贈られる。12代目となるMiss W選考は、推薦制という形で行われた。


Miss W

ブランドマネージャー道場滋氏 Miss Wとは、コートジャックやラケットカウンセリング、試打会・試履会、楽天ジャパンオープンでのブース、各種大会のサポートなどで活躍する、いわばウイルソンの広告塔的存在。
新Miss W 2018には、5名の方が選ばれた。

「Miss Wは、普通では経験できないことを経験できる場所です」と語るのは、Miss Wのリーダーとして活躍し、今年引退となる観田ありささん。その仕事内容について「Miss Wは、社員の方と一緒にお仕事もしますし、責任ある立場で大変なこともあります。一方で、中々経験できないことも数多い、唯一無二の仕事です。新Miss Wの皆さんは、最初の志を大切にし、最後までやり遂げてもらいたいです」と紹介してくれた。
ウイルソンの新Miss Wの5名は、これから先輩のMiss W、同じ学生のカレッジチームのメンバーと共に、あらゆるところで活躍を見せてくれるはず。皆さんも、その笑顔をきっと見らえるはずだ。

Miss W

Miss W2018をご紹介!


山本真梨子 山本真梨子 (やまもと・まりこ)

●学習院大学1年 ●所属:G.S.S. PANTHER

山本真梨子「中学で軟式、高校から硬式を始め、テニスが大好き。ウイルソンのラケットも好きということで、Miss Wになりたいと思っていました。中学、高校と部長となって、人の前に立つことが多くありました。そういった経験も生かして、ウイルソンチームの一員として少しでも力になれるように頑張ります」


白石真理 白石真理 (しらいし・まり)

●日本女子大学1年 ●所属:東大ALLDC

山本真梨子「テニスは初心者ですが、大好きです。声をかけていただき、同じサークルで憧れの高橋絵里さんのようになりたいと思って応募しました。選んでいただき、うれしさと不安と入り混じっていますが、長所である笑顔を生かし、コートジャックなど、いろいろな舞台でたくさんの経験を積みたいと思います」


平井 菖 平井 菖 (ひらい・あやめ)

●日本女子大学1年 ●所属:東大ALLDC

平井 菖「先輩の高橋絵里さんに声をかけていただいたことがきっかけですが、中学は軟式、高校から硬式とやってきたので大好きなテニスにもっと関われると思い、応募しました。自分は、笑顔と素直さが良いところだと言われます。Miss Wとして、いろいろなことを体験ができるように頑張りたいと思います」


大迫七海 大迫七海 (おおさこ・ななみ)

●日本大学2年 ●所属:日本大学文理学部文理庭球部硬式部

大迫七海「テニスは小学校から始めましたが、高校は、部活に入らず。大学で改めてやりたいと思って再開しました。Miss Wでは、いろいろな場所でウイルソンのPRをできる。オススメしたラケットを買っていただき、喜んでもらえたらうれしいです。物怖じしないタイプなので、コートジャックなどで活躍したいです」


上田阿佐子 上田阿佐子 (うえだ・あさこ)

●慶應義塾大学1年 ●所属:レギュレーションテニスクラブ

上田阿佐子「Miss Wとして活躍する先輩のようになりたいと思っていたので、うれしいです! 中学で軟式をはじめ、高校では硬式。ずっとテニスをやっていて、大好き。人とのコミュニケーションも好きなので、いろいろな経験が楽しみです。できれば、ジュニアの子たちと触れ合えるような仕事もやりたいです」