ULTRAの魅力を存分に味わえる「ULTRA DOUBLES」開催。チャンピオンたちが語る"ULTRAいいね。"とは!?


フェイス面積100平方インチ、重量300g、バランス32.0cmというULTRAスペックを踏襲しつつ、誰もが「ULTRAいいね。」と認めるものへと大きく進化したULTRA。そのコンセプトは「ネットプレーで優位性を発揮する"ウルトラスペック"」である。

ネットの近くでは、相手との距離が近い分、相手の打球がより強いものになるわけだから、打ち返すためには「面の安定性能」が問われることになる(ちなみに、安定性能が高ければストローク性能も上がることは間違いない)。

そのためのテクノロジーは、フレームにある。まず、シャフトの形状を内側多角形(外側は丸いラウンド形状)のHFST形状にしていること。加えて、シャフト部内側上部にある突起物が"パワー・リブ・テクノロジー"。この2つが打球時のスロートのブレを軽減してくれるわけだ。

そして、フェイス部6時部分に搭載されたニューデザイン・グロメットと中に組み込まれたパーツ「クラッシュ・ゾーン」も特筆すべきもの。インパクト時に、このクラッシュ・ゾーンが変形することで、ダンピング(打球時のストリングのたわみ戻し)が大きくなる。ボールとの接触時間が増加することで、コントロールもアップする。

進化したULTRAの良さは、実際に打ってみないとわからないものだ。そのULTRAを十二分に味わえる「ULTRA DOUBLES」が、9月~10月にかけて、全国11会場で開催された。優勝者には、1年間のULTRAモニター権が獲得できるとあって、どの会場も試合も白熱した。栄えある優勝者の言葉を紹介していこう。


「ULTRA MATCH」優勝者コメント

ULTRA 100シリーズ
ULTRA 100 CV ULTRA 100L ULTRA 100UL
  • ULTRA 100CV
    ¥34,000(税抜き)

  • フェース面積: 100sq.inch
    レングス: 27.0inch
    Av.ウェイト: 300g

    Av.バランス: 32.0cm 

    フレーム厚: 23.0-26.5-22.5mm
    
グリップ・サイズ:G1, G2, G3 

    ストリング・パターン:16x19 

    適正テンション: 50~60ポンド
    発売中
  • ULTRA 100L
    ¥30,000(税抜き)

  • フェース面積: 100sq.inch
    レングス: 27.0inch 

    Av.ウェイト: 277g

    Av.バランス: 32.5cm 

    フレーム厚: 23.0-26.5-22.5mm
    
グリップ・サイズ: G1, G2

    ストリング・パターン: 16x19 

    適正テンション: 50~60ポンド
    発売中
  • ULTRA 100UL
    ¥23,000(税抜き)

  • フェース面積: 100sq.inch
    レングス: 27.0inch 

    Av.ウェイト: 257g

    Av.バランス: 33.0cm 

    フレーム厚: 23.0-26.5-22.5mm 

    グリップ・サイズ: G0, G1, G2 

    ストリング・パターン: 16x19 

    適正テンション: 50~60ポンド
    発売中