DIEGO SCHWARTZMAN on Australian OpenALEXANDER ZVEREV on Australian Open

TEAM HEAD

ディエゴ・シュワルツマンアレクサンダー・ズベレフ
1997年4月20日生まれ(20歳)
ドイツ・ハンブルク出身。
198cm・86kg
コーチ:アレクサンダー・ズベレフSR(父)、ファン・カルロス・フェレーロ
ニックネーム:サーシャ
使用ラケット:HEAD SPEED LIMITED EDITION(SPEED MP BLUE)

父(アレクサンダー・シニア)は元プロ選手、母(イリナ)はテニスコーチというテニス一家に誕生(兄・ミーシャもプロ選手・HEAD契約プロ)。その影響もあって、テニスは5歳からスタート。ジュニア時代には、USオープンJr.優勝、全仏オープンJr.準優勝(共に2013年)と結果を残し、ランキング1位にもなっている。翌2014年にプロ転向。2015年にTOP100入りを果たすと、年間最優秀新人賞を受賞する。続く2016年、ロシア・サンクトペテルブルク大会でATPワールドツアー(ATP250)初優勝。全仏、ウィンブルドンでは3回選出を果たして迎えた2017年、なんと6タイトルを奪取した。しかも、ローマ大会、モントリオール大会とATP1000マスターズを2度制覇と、才能を一気に爆発させ、キャリアハイとなる3位も経験した。2018年、弱冠20歳の天才が狙うのはもちろん、グランドスラム初制覇。ズベレフが天下を獲る時が、刻一刻と近づいてきている。


HEAD RADICAL MP / PROSPEED LIMITED EDITION(SPEED MP BLUE)「SPEED Limited Edition」は、次世代を代表する選手、アレクサンダー・ズベレフのために作られたモデルである。ジョコビッチ、マレーという世界NO.1の才能を知るHEADが、スペシャルエディションを作る。それは彼が頂きに立てる選手であると確信があるからだ。
Graphene Touch Speed MPのテクノロジーをベースに、ズベレフの意見が取り入れて作られた同モデルは、次世代のスターたちの特徴である、スピードを最大限に生かす作りとなっている。加えてスピン性能、衝撃吸収性、卓越したフィーリングも実現しているのだから、選手にとっては非常に心強い。
“サーシャ”のお気に入りというブルーを基調にする「SPEED Limited Edition」。これは、伝説のラケットとなるべき逸品と言っていいだろう。

SPEED LIMITED EDITION(SPEED MP BLUE) 
テクノロジー: GRAPHENE TOUCH
フレームサイズ: 100インチ
重さ: 300g
バランス: 320mm
フレーム厚: 22mm
長さ: 27インチ
ストリングパターン: 16/19
グリップサイズ: 2~3
メーカー希望小売価格: 35,500+税

TEAM HEAD


全豪オープン::3回戦全豪オープン::3回戦 RESULT

[テニクラ編集部コメント] Updated
勝てばベスト16に残る3回戦。チョン・ヒョンとの試合は、予想通り激しい打ち合いの試合になった。第1セット、チョンのストロークが深く、なかなか攻めることができなかったズベレフだが、自身のサービスゲームをきっちりキープし、ブレークのチャンスをうかがう。第12ゲーム、6−5でズベレフは、チョンのファーストサーブが入らないとみるや、ギアを一気に上げて第1セットを奪った。
続く第2セット、互いにブレークポイントを握らせずタイブレークに突入。ここでミスが出なかったチョンがセットを奪い、セットカウント1−1にする。
ズベレフは豪快なサーブと強打のストロークで観客を沸かし、チョンも堅い守備とミスのないストロークで試合を盛り上げる。1セットずつ分け合い、勝負はファイナルセットへ。しかし、ズベレフのエネルギーは尽きていた。第1ゲームでダブルフォールトを連続で犯してブレークされると、その後も精彩を欠き、0-5。最後はズベレフのバックハンドがネットにかかり、3時間22分のフルセットで敗れた。

[テニクラ編集部試合展開予想]
2回戦、同じドイツのゴヨブチックにセットカウント3-1で勝利して3回戦にコマを進めたズベレフ。次なる相手は、H.チョン(韓国)だ。昨年末、NEXT GEN ATPファイナルズでツアー初優勝を果たしたチョンは、21歳とズベレフの1歳年上と年も近く、将来ライバルとなるだろう相手だ。スピン量豊富なストロークとフットワークが武器の選手だが、今大会はファーストサーブも大きな武器となっている。まずは、そのサーブに対していかにいいリターンができるかが一つのポイントだろう。途中棄権ではあるが、1回戦では兄ミーシャが2-6、1-4でチョンに敗れている。その仇打ちができるか!? いずれにせよ、試合の中では激しい打ち合いが見られるはず。いかに打ち勝つことができるかが勝利のカギとなる。

全豪オープン::2回戦全豪オープン::2回戦 RESULT

[テニクラ編集部コメント] Updated
RESULT2回戦の相手は、好調のゴヨブチック。ただ、今のズベレフはその上を行く好調さだろう。この日の試合でも彼のサーブが絶好調。スピードはもちろん、そのコースが相手を苦しめた。第1セットは、ファーストサーブの確率は低いものの、相手の逆をついてブレークポイントすら握らせない。第1セットを先取すると、ズベレフはさらに加速。高いところから打ち下ろされるサーブは、簡単に相手のリターンをさせず、多くのチャンスボールを生み出した。それだけでなく、長い手足を生かした守備によって、長いラリーにすることで相手のミスも増えた。結果、相手より多くのブレークポイントを握ることができ、セットカウント3−1の勝利に結びつけた。

[テニクラ編集部試合展開予想]
グランドスラム初の第4シードで迎えた全豪初戦の相手は、T.ファビアノ。フォアハンドが武器の相手だったが、6-1、7-6(5)、7-5。これ以上ないスタートを切ったと言っていいだろう。続く2回戦の相手は、P.ゴヨブチック(ドイツ)。61位とランキングでは格下となるが、188cmというサイズを生かしたサーブは角度、スピード共に強力。隙あらばコートの中で速いテンポのテニスを展開するだけに、ショットが短くなるとズベレフも苦しい展開となりそうだ。

全豪オープン::1回戦全豪オープン::1回戦 RESULT

[テニクラ編集部コメント]
RESULT今年最初のグランドスラムを第4シードで迎えたA.ズベレフ。初戦の相手は、イタリアのファビアノ。ズベレフは、試合開始からアクセル全開。198cmの身長を生かした高い打点から放たれるサーブが、好調だった。そして、ストロークも強気に攻め込めていた。この攻めに相手は付いてこれず、常に苦しい体勢でボールを追っていた。第1セットのセットポイントをサービスエースで奪うと、その勢いは変わらず。その流れを変えようと、ファビアノは第2セット、第3セットで下がらずにプレー。タイミングを狂わせようとするが、ズベレフはそれに対応し、より強いボールで返球する。ただ攻撃するのだけではなく、きっちり守った上で相手を追い込めるのが彼の強さだ。
第3セットの第8ゲーム目を自らのミスでブレークされたが、その次ゲームでブレークバック。最後は、相手のサービスゲームをラブゲームでブレークし、2時間22分で2回戦へ駒を進めた。

[テニクラ編集部試合展開予想]

昨季、20歳にしてマスターズ2勝と躍進のシーズンを送ったズベレフ。キャリアハイとなる4位で、全豪を迎えた。初戦の相手は、イタリアのファビアーノ。ハードコートを得意とし、フォアハンドが武器というだけあって、序盤の戦い次第では手こずる可能性もある。それでも、昨季後半、急激に安定感も増してきているだけに、番狂わせはまずありえない。どれだけ、2回戦につなげる戦いができるか、“サーシャ”のプレー内容に注目したいところだ。

2018 RESULT

ATP250 Brisbane International presented by Suncorp Qatar ExxonMobil Open
Doha, Qatar
2018.01.01
|
2018.01.06
準優勝

お問い合わせ先:

 HEAD JAPAN: http://www.head.com/tennis/ 

HEAD GRAND SLAMMED IT