バックナンバーアーカイブス

11月号 :: 巻頭技術特集 :: 上手くなったと実感できる! 正確無比のインパクト!

巻頭技術特集 :: 上手くなったと実感できる! 正確無比のインパクト!
巻頭技術特集 :: 上手くなったと実感できる! 正確無比のインパクト!
  • 上手くなったと実感できる!
    正確無比のインパクト!

    >P12-13
    構えの姿勢に始まり、テイクバックからフォロースルーに至るまで、スイングにはいくつかのプロセスがあります。その中でも、ショットの成否を決めるいちばん重要なポイントは、何といってもインパクト。飛んでくるボールに対して正確にインパクトできれば、ショットの精度もグンとアップ! 「うまくなった!」と実感でき、テニスの楽しさが2倍、3倍にもなるポイントの数々を紹介しましょう!
    フォアハンド / 両手打ちバックハンド
    片手打ちバックハンド / サーブ
  • 解説: 阿部宏和
    荏原SSCヒルトン小田原リゾート&スパテニススクール責任者、(公財)日本スポーツ協会公認テニスコーチ4、プリンスアドバイザリースタッフ
    阿部宏和
  • プロ写真: 石塚康隆(NBP)、田沼武男
    解説写真: 石塚康隆(NBP)
    撮影協力○ヒルトン小田原リゾート&スパ
    ※解説は右利きのプレーヤーを想定しています。


11月号 :: ギア特集 :: 2019秋 最新 ラケット試打 80本!!

ギア特集 :: 2019秋 最新 ラケット試打 80本!!
ギア特集 :: 2019秋 最新 ラケット試打 80本!!


11月号 :: フラッシュバック :: テニスクラシックが紡いだ 40年間を振り返る

フラッシュバック :: 1980-2019 テニスクラシックが紡いだ 40年間を振り返る
フラッシュバック :: 1980-2019 テニスクラシックが紡いだ 40年間を振り返る
  • フラッシュバック1980-2019
    テニスクラシックが紡いだ 40年間を振り返る
    「あなたにとってテニスとは…?
    今、驚くほどたくさんの人が、さまざまな形でテニスを愛しています。 何か一つの目的――それがどんなにささいなことであっても――を持って努力していく、そこにスポーツのすばらしさがあります。
    テニスについても同じです。ただ楽しむだけでなく、1人でも多くの人に、もっと上手くなりたい、もっとテニスについて深く知りたいという気持を持ってもらいたいと思います。そういう意欲と興味を持ち始めたときから、あなたのテニスの世界は限りなく大きく広がっていくでしょう。

    多くのテニスプレーヤーが、ウィンブルドンのセンターコートにあこがれ、目指しています。 TENNIS CLASSICは、真にテニスを愛する人たちのコミュニケーションの場――コミュニケーションのセンターコート――となることを目指しながら、テニスの本質と尽きない魅力を追求していきます」

    1980年、テニスクラシック創刊号で初代編集長の宮城黎子が記したテニスを愛する人々への思いは、 「昭和」「平成」の時代を経て、「令和」の今、形を変えて受け継がれていきます。

11月号 :: 目次

11月号 目次
11月号 表紙 11月号 目次
テニスクラシック・ブレーク 11月号 目次