トップライトで操作性を向上しつつ、力強い飛びを追求。 「攻めたい」オールラウンドプレーヤー向けモデル。

CALNEO 295

>画像クリックで拡大<

CALNEO 295

みんなのオススメ度:: ★★★ (3.0) レビュー数 1
メーカー::BRIDGESTONE  シリーズ::CALNEO
メーカー希望小売価格:: 33,600
※ここに掲載されている価格は、すべてメーカー希望小売価格であり、販売価格を拘束するものではありません。
カタログコメント::

トップライトで操作性を向上しつつ、力強い飛びを追求。
「攻めたい」オールラウンドプレーヤー向けモデル。

スペック::
フェース面積(平方インチ) 103
フレーム長(インチ) 27.0
フレームトップ部(mm) 23
フェース中央部(mm) 26
スロート部(mm) 22
重量(g・平均) 295
バランス(mm・平均) 315
ストリングパターン 16×18
グリップサイズ 2・3
素材 ハイモジュラスカーボン、タング ステン、セプトン
カラー ホワイト×レッド
リリース年 2013.
試打コミID: br00032

編集部レビュー【ゆうこリン】

「280」に比べるとウエイトがある分このモデルのほうがボールの飛びが良く、スピードも出せた。また適度にスピンがかかってくれので、打球は安定した軌道を描いてコート内に収まってくれる。ラリー中ほとんどミスなく打てたので、ストローカーにとって頼りになりそう。操作性も高く、体に近いボールでも無理なく返球できた。

編集部レビュー【てにバカ】

280の粘り強いインパクト感に、さらに前に押し出す力強さを加えてくれるような、ヘッドを十分利かしたスイングをしやすいバランスです。強めのボールを打たれてもガンバリが利く柔軟性とパワーを兼ね備えており、このパワーはネットに出た時にも大いに役立ち、あまり面がブレることがないので非常にコントロールをつけやすいと感じました。

  • ★★★ 平均的なラケット(2019/08/05)

    投稿者:ジョウ

    見た目は黄金スペックで、フェースが103インチ。スロートの部分はピュ◯ドライブに似ています。
    取り回しは良く、スピンもスライスもめちゃくちゃかかるわけではなく、パワーもぶっ飛ぶほどではないです。いい意味で平均的なラケットです。
    打感はやや硬めで、球離れも早いかなと思います。

新規コメントを書き込む
新しいクチコミを書き込む
  • 現在クチコミはありません
  • aaa
みなさまより投稿いただいたコメントは、テニスクラシックの企画制作を目的に利用させていただくことがございます。予めご了承ください。

今すぐ気になるラケットを検索

メーカー
シリーズ
商品名
キーワード
さらに詳しく検索

ログインしてクチコミ投稿しよう!

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちらから!

WilsonWebMagazine prince BEAST登場 アプローチのボールマシンがスゴイ!! 試打コミ! 1分でうまくなる234の“ちょい”コツ テニクラFacebookページへ
テニスクラシック・ブレーク