SIX.ONE TEAM 95

>画像クリックで拡大<

SIX.ONE TEAM 95

みんなのオススメ度:: ★★★★★ (5.0) レビュー数 1
メーカー::Wilson  シリーズ::SIX.ONE TEAM 95
メーカー希望小売価格:: 31,500
※ここに掲載されている価格は、すべてメーカー希望小売価格であり、販売価格を拘束するものではありません。
カタログコメント::

軽量SIX.ONEモデル。ただ軽量なだけでなくSIX.ONEならではの打球感を持ち、フレームを1㎜シェイプアップすることで生まれた“しなり”を大きく感じ取れるモデル。

スペック::
フェース面積(平方インチ) 95
フレーム長(インチ) 27.0
フレームトップ部(mm) 21.0
フェース中央部(mm) 21.0
スロート部(mm) 21.0
重量(g・平均) 289
バランス(mm・平均) 330
ストリングパターン 16×18
グリップサイズ 2・3
素材
カラー レッド、ホワイト
リリース年
試打コミID: wi00034

編集部レビュー【チーフ高】

振り抜き感が良く、またラケット自体がパワーを持っているため、弾くようにスピンをかけるスイングでも楽に球足の長いボールを飛ばすことができる。一旦ラケット面でボールをグッとつかんでいる感じがあるので、コントロールもしやすかった。体から遠くに来たギリギリで届いたボールについても、弾きがいいので楽にスライスで返すことができのるがうれしかった。

編集部レビュー【ザッキー】

持った時グリップに重みを感じるが、いざ打ってみると振り抜きはシャープで心地よい。縦回転がよくかかるのでラケットをいくら振ってもコートに収まるという印象。回転がかかる分、球威は劣るかもしれないが操作性にも優れているためボールの配球を良くしたい人にはもってこいだと思う。初中級者には頼りになるラケットだ。

  • ★★★★★ デルポトロのように気に入ってしまう(2013/05/07)

    投稿者:しんの

    このラケットを買ったきっかけはガットが切れたときに先輩にかしてもらい、そのときの感覚がわすれなかったからです。前まで使っていたバボラのラケットにはもう戻せないくらい急激に調子をあげました。反発力があり容易にボールを飛ばすことができるが、ハンマーによってスピンがかかりアウトしないという感じでとても安定したコントロールショットで相手を走らせることができます。スライスが打ちやすく、アプローチして反発力をいかしたボレーとこのパターンの攻めがしやすいです。しかし、サーブにおいて、速度はあがったのですが、飛びすぎてフォルトしてしまうのでダブルフォルトしやすい感じがします。

新規コメントを書き込む
新しいクチコミを書き込む
  • 現在クチコミはありません
  • aaa
みなさまより投稿いただいたコメントは、テニスクラシックの企画制作を目的に利用させていただくことがございます。予めご了承ください。

今すぐ気になるラケットを検索

メーカー
シリーズ
商品名
キーワード
さらに詳しく検索

ログインしてクチコミ投稿しよう!

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちらから!

WilsonWebMagazine DUNLOP NEW SX Series prince BEAST登場 アプローチのボールマシンがスゴイ!! 試打コミ! 1分でうまくなる234の“ちょい”コツ テニクラFacebookページへ
テニスクラシック・ブレーク