バックナンバーアーカイブス

9月号 :: 巻頭技術特集 :: フルスイングして打つフォアハンド

「フルスイングして打つフォアハンド」
「フルスイングして打つフォアハンド」
  • 2つの夢が 一気に叶う! スピードが出る! 回転量がUPする!
    「フルスイングして打つフォアハンド」

    フォアは何となく打てるけど、「チャンスの場面で決定打にならない」、「勝負するべくスピンをかけて相手の体勢を崩したいのに中途半端になる」という一般プレーヤーは多いと思います。そこで、今回はトッププロたちのように、気持ちよくフルスイングしても、ミスせずにスピードと回転量を上げるためのコツを杉山記一プロに紹介してもらいました。今夏、フォアの攻撃力を磨きましょう!
    サービス画像!! > P10-11
    サービス画像(P12-13)
  • 解説: 杉山記一
    Norikazu Sports Academy㈱代表取締役。TEAM HATコーチ。GSチャレンジ財団専務理事。Wilsonプロアドバイザー。 77年7月29日生まれ。香川県大内町(現・東かがわ市)出身。柳川高校→早稲田大学→プロ。早稲田大学卒業後はスペイン・バルセロナを拠点に世界中のトーナメントを10年間転戦。10年早稲田大学大学院(スポーツ科学学術院)卒業。
    谷川健一
  • PART1: スイングスピードが上がる体の使い方
    PART2: スピン回転量を上げるコツ
  • プロ写真: 山岡邦彦、中川和泉 杉山プロ写真: 青山義幸
    イラスト: ヨネヤマタカノリ
    ※解説は右利きのプレーヤーを想定しています。

迷えるストリング難民に救いの手! 102モデルから選べる 状況別「おすすめストリング」

102モデルから選べる 状況別「おすすめストリング」
102モデルから選べる 状況別「おすすめストリング」
  • 迷えるストリング難民に救いの手!
    102モデルから選べる 状況別「おすすめストリング」
  • 18メーカーの担当者が自信を持って推薦!!
    ●掲載ストリングメーカー:
    BABOLAT / BOW BLAND / iSOSPEED / MANTIS / TONA
    GOSEN / KIRSCHBAUM / PACIFIC / LUXILON / WILSON
    POLY FIBRE / POLY STAR / SIGNUM PRO / PRINCE
    TECNIFIBRE / TOALSON / YONEX

片手バックの復権 〜18のチェックポイント〜

片手バックの復権 〜18のチェックポイント〜
片手バックの復権 〜18のチェックポイント〜
  • 最近、活躍するプロが増えてきた!
    片手バックの復権 〜18のチェックポイント〜
  • 今年の全仏オープン、男子シングルス・ベスト16のうち実に半分の8人が片手バックを打つ選手でした。過去の全仏オープンを振り返ると、93年は10人だったのが07年には4人と片手バックを打つ選手が上位に来るのは年々減少傾向にありました。そうして両手バックが主流となった今、なぜ今年は片手バックの選手の活躍が目立ったのでしょうか。今回、ベスト16に進んだ8名の連続写真を基に、片手バックのメリットやミスなく打つためのポイントを紹介します。
  • 解説: 原田夏希
    日本テニス協会が取り組むGプロジェクトのコーチとして、主に奈良くるみを指導。過去には、佐伯美穂、森上亜希子、中村藍子、土居美咲のツアーコーチを務めたほか、ジュニア女子ナショナル選手の育成にも携わった。女子ナショナルチームコーチ、桜田倶楽部アドバイザリースタッフ。JOP(現JTA)ランキング最高12位。インカレD優勝、ユニバーシアードMIX優勝、全日本選手権D準優勝。HEAD契約コーチ、アディダス契約コーチ、トアルソン・アドバイザリースタッフ。
  • 写真: 中川和泉 ※解説は右利きのプレーヤーを想定しています。

9月号 目次

9月号 目次
9月号 表紙 9月号 目次
テニスクラシック・ブレーク 9月号 目次