• Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine

今すぐ応募ページへ

LATEST UPDATES

  • 2016.4.20:2016年4月号コンテンツを公開致しました。NEW!!
  • 2016.3.20:2016年3月号コンテンツを公開致しました。

CONTENTS

「動かず、振らず、ULTRAはいる」ウルトラXP125

「動かず、振らず、ULTRAはいる」ウルトラXP125

1998年に当時「ルール限界のデカラケ」として発表され、爆発的なヒット作となったのが「OUTER EDGE」。他に替わるものがなく、今なお使い続けているという愛好家が少なくない名器でもある。 だが、100を「長男」、103Sが「次男」、108を「三男」と謳ってきた「ウイルソン・ウルトラ3兄弟」、さらにはXP110Sを・・・(ページへ続く)

> 今すぐページを見る

KAOSモニター真剣レポート発表 :: KAOSの実力はどうだったのか?

KAOSモニター真剣レポート発表 :: KAOSの実力はどうだったのか?

コンプレッション・フォアフット・サポートが生む着圧効果によって足の自然な状態を維持することでサポートする、というまったく新しい発想で生まれたのが「KAOS」。今回は30名の方にモニターをお願いしたのだが、そのレポートを集計した結果を発表しよう。 30 Monitors「KAOS」は人間の足にとって最も快適な状態は?・・・(ページへ続く)

> 今すぐページを見る

超軽量機動性能モデル、RUSH PRO SLが 3Dリアフット・サポートを搭載して間もなく登場! [モニター募集同時開催]

超軽量機動性能モデル、RUSH PRO SLが
3Dリアフット・サポートを搭載して間もなく登場! [モニター募集同時開催]

ウイルソン・テニスシューズと言えば、フォアフット・サポート。テニスに最も重要と考えるこの機能を軸として、それぞれのニーズに特化したモデルが発売されてきているのだが、機動性モデルを求めるプレーヤーのために、さらに快適性を向上させた軽量モデルが間もなく発表される。フォアフット・サポートによる高速移動時の・・・(ページへ続く)

> 今すぐページを見る

BURN vs BURN フラットビーム・ラインとデュアルテーパー・ラインは、どうやって選ぶ?!

BURN vs BURN
フラットビーム・ラインとデュアルテーパー・ラインは、どうやって選ぶ?!

錦織圭が愛用するBURN95のラインは95J、100チームの3機種で、これが「フラットビーム・ライン」、一方、シモナ・ハレプやエルネスツ・グルビスなどが使用するBURN100のラインが100、100S、100LS、100ULSの4機種で「デュアルテーパー・ライン」だ。それぞれフレームの形状の違いなのだが、その違いは・・・(ページへ続く)

> 今すぐページを見る