• Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine

LATEST UPDATES

  • 2017.6.20:2017年6月号コンテンツを公開いたしました。NEW!!
  • 2017.5.20:2017年5月号コンテンツを公開いたしました。

CONTENTS

最新の両手打ちバックハンド 「スプリット・ダブルハンド」をサポートするX2エルゴグリップ

全仏決勝で激戦を演じたハレプとオスタペンコを支えたのは
ウイルソンのラケットだった

全仏オープン女子シングルス決勝は、第3シード、25歳のシモナ・ハレプ(ルーマニア)とノーシードの20歳エレーナ・オスタペンコ(ラトビア)というカードになった。いずれも勝てば、グランドスラム初優勝。ハレプは、優勝したら、世界No.1の座も手にする試合だった。 ハレプハレプといえば、168cmと小柄ながら抜群の ・・・(ページへ続く)

> 今すぐページを見る

自分史上最高のスピンを実現する  BURNデュアル・テーパー・ビーム・シリーズ "Sラケ"3モデルが新登場

実は人気上昇中! パワー良し! コントロール良し! 球持ち良し!
「ブレード104」のパフォーマンス。

鮮やかなライトグリーンとブラックのコントラストが特徴的なBLADEシリーズは、BLADE 98 18×20 CV、BLADE 98 16×19 CVなどウイルソンの中でも、特にプロ選手の使用が多いシリーズだ。象徴は、グランドスラム23冠の女王、セリーナ・ウイリアムズのオートグラフモデル「BLADE SW104 AUTOGRAPH」と・・・(ページへ続く)

> 今すぐページを見る

ラオニッチが今年の全豪から使用を開始していた! 新しいBLADEに使われていた"新素材" その正体は「カウンターベイル」だった

クロはクロでもルキシのクロ。
「LUXILON SAVAGE BLACK」と "あの人気ポリ"を打ち比べ!

ラケット同様、ストリングはプレーヤーのテニスを大きく変えることができる重要なギア。日進月歩の世界だけに、それを超える性能のストリングも生まれてくる。すでに意中のストリングを見つけている人も、自身のレベルアップのために、たまには新たなストリングをテストしてみるべきだろう。 ・・・(ページへ続く)

> 今すぐページを見る

新素材 カウンターベイルを採用した 新しいBURNフラット・ビーム・シリーズ

スタビリティーの「RUSH PRO 2.5」 モビリティーの「KAOS」&「RUSH PRO SL2.0」 注目3モデルのニューカラーがついにお披露目

「すべての人に、より良いプレーをしてほしい」、それがウイルソンの願いだ。そのために、長年、最良のラケットを創り出し、それに合うストリングを創り出し、最良のグリップテープまでも開発してきた。さらにプレーヤーのためになるものは何か――辿りついたのがサロモンとの共同開発によるフットウエアだった。・・・(ページへ続く)

> 今すぐページを見る

最新の両手打ちバックハンド 「スプリット・ダブルハンド」をサポートするX2エルゴグリップ

全仏オープン2017 REPORT

錦織がこの全仏で握ったラケットは、「BURN 95 CV REVERSE(数量限定かつ日本限定モデル)」。前哨戦から使い出したスペシャルモデルだ。そこに込められた想いは"劣勢をひっくり返せ"。そのラケットの力もあったのかもしれない。何度となく訪れた難局を乗り越えてのベスト8だった。1回戦の相手は、コキナキスだった・・・(ページへ続く)

> 今すぐページを見る