• Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine

LATEST UPDATES

  • 2016.11.24:2016年11月号コンテンツを公開いたしました。NEW!!
  • 2016.11.13:ミス・ウイルソン2016最終選考・ネット投票受付を終了いたしました。 NEW!!
  • 2016.10.20:2016年10月号コンテンツを公開いたしました。

CONTENTS

新素材 カウンターベイルを採用した 新しいBURNフラット・ビーム・シリーズ

新素材 カウンターベイルを採用した
新しいBURNフラット・ビーム・シリーズ

話は3年前にまで遡る。 当時、錦織 圭がウイルソンと"理想のラケット"について語り合った際に伝えられた要望、それをベースに、新しいラケットの開発がスタートした。 「パワーだけではなく、自分の体への負担がなくなっているようにも思えたので、毎セット、フレッシュな状態で臨めると思う。体への負担が減ってくれること・・・(ページへ続く)

> 今すぐページを見る

自分史上最高のスピンを実現する  BURNデュアル・テーパー・ビーム・シリーズ "Sラケ"3モデルが新登場

自分史上最高のスピンを実現する
BURNデュアル・テーパー・ビーム・シリーズ "Sラケ"3モデルが新登場

ウイルソンのラケットの中でも、ベースライナー向けに特化されたBURN。中でもデュアル・テーパー・ビームの"Sラケ"3モデルが、ついに披露された。BURN 100S、BURN 100LS、BURN 100ULSは、この3本は高い軌道を描き、ベースライン際で急激に落ち、高く跳ねる、そんなボールを打つためのモデルである。 ・・・(ページへ続く)

> 今すぐページを見る

ラオニッチが今年の全豪から使用を開始していた! 新しいBLADEに使われていた"新素材" その正体は「カウンターベイル」だった

ラオニッチが今年の全豪から使用を開始していた! 新しいBLADEに使われていた"新素材" その正体は「カウンターベイル」だった

錦織 圭の要望で開発されたカウンターベイルこそ、BLADEにも搭載された"新素材"だった。実は、この新しいカウンターベイル搭載BLADEをいち早く使用していたプレーヤーがいる。それこそ、今年、最終ランキグを3位まで上げたミロス・ラオニッチである。 その誕生から10年が経過。BLADEの6代目計6モデルが・・・(ページへ続く)

> 今すぐページを見る

最新の両手打ちバックハンド 「スプリット・ダブルハンド」をサポートするX2エルゴグリップ

記者会見で発表! 「WILSON KEI DREAM PROJECT」とは何か!?
2017年シーズンからの錦織 圭の <武器>が正式発表!

昨年冬、「ウイルソンのラケットを一生使い続ける」"生涯契約を結んだ"錦織 圭選手とウイルソン。その両者のタッグで、新たなビッグ・プロジェクトがスタートする。 11月24日、東京都内の保育園で開かれた記者会見。その会見前には、錦織 圭選手みずから、5歳の園児10名にテニスを教える姿があった。「5歳に教えたのは・・・(ページへ続く)

> 今すぐページを見る