• Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine

LATEST UPDATES

  • 2017.5.20:2017年5月号コンテンツを公開いたしました。NEW!!
  • 2017.4.20:2017年4月号コンテンツを公開いたしました。

CONTENTS

新素材 カウンターベイルを採用した 新しいBURNフラット・ビーム・シリーズ

BURN&BLADEに<REVERSE>登場! 錦織、ゴフィンなど 常に戦うプレーヤーのために用意された 『劣勢をひっくり返す』ための武器

モデルに込められた願いは、『劣勢をひっくり返せ。』である。 例年、モンテカルロ・マスターズから本格スタートする、クレーコート・シーズン。今年も、その戦いがすでにスタートし、クライマックスとなる全仏オープンも5月28日からいよいよ開幕する。現代テニスの特徴といえば、そのテンポの早さにある。しかし、球足が・・・(ページへ続く)

> 今すぐページを見る

自分史上最高のスピンを実現する  BURNデュアル・テーパー・ビーム・シリーズ "Sラケ"3モデルが新登場

テニスクラシック編集部員が打ち比べ! スピン・モンスター「BURN 100S CV」vs.スピンが特徴のあのラケット その違いやいかに・・・!?

スペック自体に大きな違いはないものの、BURN 100S CV(以下100S)は、Sラケ(スピン・エフェクト・テクノロジー)で18×16というストリングパターン。A社 vs. BURN 100S CVそれに対しA社のラケットは16×19というのが異なるポイントだ。スピンということでは、A社のものは、ボールを捕らえた際にジョリっという感覚が・・・(ページへ続く)

> 今すぐページを見る

ラオニッチが今年の全豪から使用を開始していた! 新しいBLADEに使われていた"新素材" その正体は「カウンターベイル」だった

一般プレーヤーの味方 4球缶ボールの耐久テストを実施!
その結果、判明した ウイルソン「ツアー・スタンダード」の耐久力

テニスのギアで、こだわっているものは何だろうか。ラケットやシューズ、ストリング、ウエアやスポーツグラスも大事なギアではある。では「テニスボール」には、どんなこだわりがあるだろうか。 WILSON TOUR STANDARDテニスをプレーするうえで、ボールはもちろん不可欠だ。しかし、それだけに出費も大きいのは実情・・・(ページへ続く)

> 今すぐページを見る

最新の両手打ちバックハンド 「スプリット・ダブルハンド」をサポートするX2エルゴグリップ

実験結果で改めて判明した
LUXILON"ELITE DRY"<ルキシロン"エリート・ドライ">の卓越した性能

オーバーグリップ・テープは、同じものを使い続ける傾向があるという。その理由は人それぞれだろう。ただ、もっと性能がいいもの、もっと手に馴染むものがあるなら、試してみたくならないだろうか。 少なくとも一度試してほしいものがある。それがLUXILON"ELITE DRY"<ルキシロン"エリート・ドライ">である。 ・・・(ページへ続く)

> 今すぐページを見る