• Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine
  • Wilson WebMagazine

LATEST UPDATES

  • 2017.3.20:2017年3月号コンテンツを公開いたしました。NEW!!
  • 2017.2.20:2017年2月号コンテンツを公開いたしました。

CONTENTS

新素材 カウンターベイルを採用した 新しいBURNフラット・ビーム・シリーズ

「コンプレッション・フォア・フットサポート」と
第2の皮膚「スキン・ガード」が 秘めた足のポテンシャルを発揮させる

「最適なテニスシューズとはどんなものか?」 それはウイルソン・フットウエアにとっての開発の原点である。どんな年齢の人が履くのか? 筋力はどのくらいか? 技量はどの程度か? さまざまな条件を考えたうえで、プレーヤーにより良いものをクリエイトする。そうして考案されたコンセプトによって、生み出されたのが・・・(ページへ続く)

> 今すぐページを見る

自分史上最高のスピンを実現する  BURNデュアル・テーパー・ビーム・シリーズ "Sラケ"3モデルが新登場

フェデラーが選んだ「CHAMPION'S CHOICE DUO」 錦織が選んだ「KEI'S CHOICE PREMIER III」 アナタならどちらをチョイスする?

「ハイブリッド張り」は、今やプロツアーであたりまえの張り方である。メイン(縦)とクロス(横)に異なるストリングを張り、飛びやパワー、スピン性能、安定感などさまざまな特徴をミックスできることがメリットだ。 オーガニック・グラス・フェド・カウ(自然の牧草で飼育された牛)ウイルソンでは、3種類のハイブリッド用 ・・・(ページへ続く)

> 今すぐページを見る

ラオニッチが今年の全豪から使用を開始していた! 新しいBLADEに使われていた"新素材" その正体は「カウンターベイル」だった

世界のテニスを変えた! ルキシロンが20周年記念モデルを発表。
そして、アル・パワー・シリーズに新作2モデルが追加ラインナップ!!

プロツアーは、日々凌ぎを削り合う厳しい世界である。コンディション、ギアの性能やセッティング...わずかな違いが勝敗を分けることになる。だからこそ、プロはギアにもこだわるわけだ。ちなみに、プロの世界での傾向は、後に一般ユーザーのムーブメントとなることが通常だ。 ここで興味深いデータを紹介したい。ATP・WTA・・・(ページへ続く)

> 今すぐページを見る

最新の両手打ちバックハンド 「スプリット・ダブルハンド」をサポートするX2エルゴグリップ

ドライ・タイプの欠点をすべて解消した、ルキシロンの高品質ドライ・オーバーグリップ。一般ユーザーは、どう評価したのか!?

ある店舗では"グリップテープで初めて予約が入った"など、発売前から、注目度が高かったルキシロン「エリート・ドライ」オーバーグリップテープ。そのリリースを記念し一般ユーザーにモニターを依頼。その生の声をお届けしていこう。 オーバーグリップはドライと決めている人は、プロアマ問わず数多い。だが、従来のドライ・・・(ページへ続く)

> 今すぐページを見る