DIEGO SCHWARTZMAN on RAKUTEN JAPAN OPENDIEGO SCHWARTZMAN on RAKUTEN JAPAN OPEN

TEAM HEAD

ディエゴ・シュワルツマンディエゴ・シュワルツマン
1992年8月16日生まれ(25歳)
アルゼンチン・ブエノスアイレス出身
170cm・64㎏
コーチ:フアン・イグナシオ・チェラ
ニックネーム:El Peque(小さな男)
使用ラケット:HEAD RADICAL TOUR MP
好きなコート:クレー
好きなショット:バックハンド・ストローク

テニスは7歳から開始。2010年、17歳でプロ転向を果たすと、3シーズンは主にITFフューチャーズでプレー。2014年、全仏でグランドスラム初出場を果たす。また、この年、チャレンジャーツアーで4つのタイトルを手にすると、2014年7月にランキングTOP100をクリア。2016年、イスタンブール・オープンで、ATPワールドツアー初優勝(ATP500、決勝ではディミトロフに勝利)を果たす。2017年2月、サンパウロ・オープンでベスト8入りを果たすと、TOP50入り。全仏オープンでは3回戦進出、そしてUSオープンではチリッチ、プイユとシード勢を破って初のグランドスラムベスト8を果たす。


HEAD RADICAL MP / PRORADICAL MPRADICALとは"最高の"という意味を持つ言葉。1993年に誕生したラジカル・ラインは、これまで多くのレジェンド、多くのトップスターによって、チャンピオン・ラケットとなってきた。そして、2017年、より最高のラケット、"ニューRADICAL"が誕生する。一番の特徴は、他のモデルで大成功を収めている「グラフィンタッチ」を採用すること。軽量にしてパワフル、そして未体験の衝撃吸収性を発揮する「グラフィンタッチ」によって、RADICALはさらに進化するわけだ。シリーズは98平方インチのPRO、MP、102平方インチのS、LITEと4機種。 「もはや打てないショットは無い」、ジュニアからトッププレーヤーまでが、アンディ・マレーのようなショットを打つことも不可能ではない。

RADICAL MP RADICAL PRO
RADICAL MP (Item No.232618)
テクノロジー: GRAPHENE TOUCH
フレームサイズ: 98インチ
重さ: 295g
バランス: 320mm
フレーム厚: 20/23/21mm
長さ: 27インチ
ストリングパターン: 16/19
グリップサイズ: 2~4
メーカー希望小売価格: 35,000+税
RADICAL PRO (Item No.232608)
テクノロジー: GRAPHENE TOUCH
フレームサイズ: 98インチ
重さ: 310g
バランス: 315mm
フレーム厚: 20/23/21mm
長さ: 27インチ
ストリングパターン: 16/19
グリップサイズ: 2~4
メーカー希望小売価格: 37,000+税

TEAM HEAD



楽天ジャパンオープン::準決勝準決勝RESULT

[テニクラ編集部コメント] Updated
RESULTゴファンとの準決勝は、予想どおり、白熱の展開となる。第1セットは、互いに長所を見せる。シュワルツマンが、追いつきそうにないボールに何度となくダッシュで拾って盛り上げると、ゴファンも早いタイミングでウィナーを狙った強打を放って盛り上げていく。両者の打ち合いに、観客みんなが引き込まれた。結果、タイブレークでゴファンに第1セットを奪われる。
続く第2セット、ゴファンは隙あらば強気にリターンを強打していく。それもあってかシュワルツマンにミスが生まれ、流れが変わると、第5ゲーム、シュワルツマンがブレークされてしまう。その後、ゲームカウント4‐5でゴファンのサーブと追い込まれてしまうが、シュワルツマンはここで集中力を高める。
バックボレー、バックでのロブでウィナーを奪い、0-30とするとゴファンのミスも誘ってブレークバック。第2セットも再びタイブレークとなった。共に集中力が高まり、最高のプレーを見せると会場のボルテージも最高潮に。しかし、6-6でシュワルマンは痛恨のダブルフォールト。続くポイントでも、ベースライン深くを狙ったバックハンドがオーバーし、惜しくも0-2で敗れた。 素晴らしい試合だったという証明だろう。試合後、コートを後にするシュワルツマンに、有明のファンはスタンディングオベーションで健闘を讃えた。

[テニクラ試合展開予想]

ついに準決勝! シュワルツマンの相手は、ゴファンだ。F.ロペス、エブデンと勝ち上がって戦った準々決勝では、ガスケと対戦。質の高いストローク戦で観客を魅了している。180cmあるとはいえゴファンは、170cmのシュワルツマンと同じくツアーでは、サイズの小さい部類に入る。共にフットワークが一つの武器とし、リターンゲームを重要視するだけに、どのゲームも緊迫感ある展開となりそうだ。スピードとスピードのぶつかり合いを制するのはどちらか?




準々決勝

[テニクラ編集部コメント]
RESULT
好調シュワルツマンの対戦相手は、ティエムを破ったジョンソン。試合開始直後、いきなりトラブルが。ジョンソンが首を痛めて、メディカルタイムアウトを取ったのだ。100%のショットが打てない中、シュワルツマンは試合を支配する。ストロークは深く入り、角度のあるボールでジョンソンを追い込み、返球が甘くなるとすかさずネットに詰めて決める。サーブは時速200kmに満たないが、いいコースに打って、反撃の糸口をつかませず。6−0で第1セットを奪った。

続く第2セット、先にブレークのチャンスを握ったのはジョンソンだったが、シュワルツマンは焦ることなく、ストローク戦でポイントを奪ってキープを続ける。続く第11ゲーム、シュワルツマンは反応の良さを生かして、ジョンソンのサーブを攻略してブレーク。最後のゲームでも5回のデュースの末、キープしてATP500で初のベスト4を決めた。

[テニクラ試合展開予想]

ヤング、トミッチを倒したシュワルツマンの次なる相手、ジョンソンの武器はサーブである。ファーストサーブのポイント獲得率が高く、それにより流れを作っていく。それだけに、リターンが勝負のカギを握る。一方、ティエムのパワーに打ち勝つほど、ストロークのパワー、精度も高い。ベースライン付近でプレーし、角度あるボールもうまく捌けるので、シュワルツマンは切り返しに注意したいところ。


2回戦

[テニクラ編集部コメント]
RESULT2回戦の相手は、一撃の怖さがあるトミッチ。試合開始から、シュワルツマンはファーストサーブで苦しみ、セカンドサーブを強打される展開が多くなったが、持ち前のフットワークで粘っていく。その中で光ったのが、ライジングショットだ。打点に早く入り、ヒザを曲げて低い体勢を作ってボールの上がり鼻を叩く!
しかも、クロスでなく、ストレートに打てるのがシュワルツマンのすごさ。この早いタイミングのショットに、トミッチはなかなか付いていくことができなかった。ディフェンシブな状況が多い試合だったが、終わってみれば、6-3、6-1のストレート。甘いボールを見逃さずにポイントにつなげ、1時間足らずで準々決勝にコマを進めた。

[テニクラ試合展開予想]

初戦をクリアしたシュワルツマンの次ぎなる相手はトミッチ。オーストラリアの期待の若手だ。非常にオフェンシブなプレーが特徴で、どのショットもパワフル。特にフォアハンドでは、どこからでもエース級のショットを放てる。とはいえ、シュワルツマンのフォアハンドもツアー屈指の威力を持つ。互いに攻めまくるエキサイティングな試合になることはまちがいなし。大会屈指の好ゲームが期待できそうだ。



RESULT

[テニクラ編集部コメント]
シュワルツマンは、まずサーブの調子が良かった。センター、ワイドとコースに打ち分けたことで、ヤングは終始リターンに苦しむ。また、特徴であるフットワークでも良さを見せて、サイドライン付近のボールをしっかり回り込んでフォアで逆クロスに鋭いボールを何本も打ちこんでいた。
つなぐボールは弾道を高く、スピンを利かせ、攻めるボールはフラット目に。力のあるフォアで攻め込むシュワルツマンの前に、ヤングはミスが目立った。そのヤングは途中、バックにボールを集めたが、シュワルツマンはバックこそ得意なショット。肩口で捕らえたボールで何度となくウィナーを決めていた。結局、試合を通じてブレークポイントを握られたのは1ポイントのみ。快勝で2回戦進出を決めた。

[テニクラ試合展開予想]
楽天ジャパンオープン1回戦の相手は、アメリカを代表するサウスポー、ヤング。 その特徴は、左利きならではのキレのいいサーブ、真骨頂のパワフルなフォアハンドにある。 シュワルツマンとしては、いかにいいリターンを返すかが、勝利へのポイントとなる。 また試合の中では、相手のフォアとシュワルツマンのバックというラリーが多くなるはず。 自身が最も得意とするバックハンドで、優位な展開を作ることができれば、 勝利に近づくはずだ。

REBELS CHALLENGE 2015 全国決勝大会レポート

ATP250 Brisbane International presented by Suncorp Brisbane International
presented by Suncorp
2017.01.02
|
2017.01.08
ベスト16
ATP250 ASB Classic ASB Classic 2017.01.09
|
2017.01.14
ベスト32
GRAND SLAM Australian Open Australian Open 2017.01.16
|
2017.01.29
ベスト64
ATP500 Rio Open presented by Claro Rio Open
presented by Claro
2017.02.13
|
2017.02.19
ベスト8
ATP250 Brasil Open Brasil Open 2017.02.27
|
2017.03.06
ベスト8
ATP1000 BNP Paribas Open BNP Paribas Open 2017.03.06
|
2017.03.19
1回戦
ATP1000 Miami Open presented by Itaú Miami Open
presented by Itaú
2017.03.20
|
2017.04.02
ベスト32
ATP250 Grand Prix Hassan II Grand Prix Hassan II 2017.04.10
|
2017.04.16
ベスト32
ATP1000 Monte-Carlo Rolex Masters Monte-Carlo
Rolex Masters
2017.04.17
|
2017.04.23
ベスト8
ATP250 Gazprom Hungarian  Open Gazprom Hungarian
Open
2017.04.24
|
2017.04.30
ベスト32
ATP250 TEB BNP Paribas Istanbul Open TEB BNP Paribas
Istanbul Open
2017.05.01
|
2017.05.07
ベスト4
ATP1000 Mutua Madrid Open Mutua Madrid Open 2017.05.08
|
2017.05.14
べスト32
ATP1000 Internazionali BNL  d'Italia Internazionali BNL
d'Italia
2017.05.15
|
2017.05.21
ベスト64
GRAND SLAM Roland Garros Roland Garros 2017.05.29
|
2017.06.11
ベスト32
ATP250 Aegon International Aegon International 2017.06.26
|
2017.07.01
ベスト32
GRAND SLAM Wimbledon Wimbledon 2017.07.03
|
2017.07.16
1回戦
ATP250 SkiStar Swedish Open SkiStar Swedish Open 2017.07.17
|
2017.07.23
ベスト8
ATP500 German Tennis Championships 2017 German Tennis
Championships 2017
2017.07.24
|
2017.07.30
ベスト8
ATP1000 Coupe Rogers Coupe Rogers 2017.08.07
|
2017.08.13
ベスト8
ATP1000 Western & Southern  Open Western & Southern
Open
2017.08.14
|
2017.08.20
ベスト64
GRAND SLAM US Open US Open 2017.08.28
|
2017.09.10
ベスト8

お問い合わせ先:

 HEAD JAPAN: http://www.head.com/tennis/ 

HEAD GRAND SLAMMED IT