裏技 プロだけが知っている「レッスン上達法」

第24回 ポジション別 前衛 後衛 のボレー術

第24回 ポジション別 前衛 後衛 のボレー術
第24回 ポジション別 前衛 後衛 のボレー術

第24回 ポジション別 前衛 後衛 のボレー術
第24回 ポジション別 前衛 後衛 のボレー術
  • Point1: <前衛のボレー>
    決めるボレー壁になる意識=自分より前ラケットセットカギ!
  • Point2: <前衛のボレー>
    ネットすれすれの難しいボール押し出すように打ち深さを出すのが大切!
  • Point3: <前衛のボレー>
    ①スタンス広くとる
    ②ヘッドを立てて構えれば突然のストレートアタックにも対応可能!
  • Let’s Try!
    サービスラインの内側に入ってボレー対ストロークの練習
    ⇒速いボールを体感して慣れる!
    (左下図参照)
  • Point1: <後衛のボレー>
    ラケットヘッドやや寝かせてインパクトすれば逆クロスへ無理なく楽にコントロールできる
  • Point2: <後衛のボレー>
    深いところへ決める球足の長いボレーは
    《フォア⇒手のひら》
    《バック⇒手の甲》
    上向きにすれば完成!
  • Point3: <後衛のボレー>
    打球に深さを出すためのカギ足の踏み込みにあり!
  • Point4: <後衛のボレー>
    スマッシュできないロブラケット面キープで返球せよ!
  • ココもCHECK!!
    《後衛⇒サービスライン付近》
    《前衛⇒サービスボックスの中央付近》
    正しいポジションの再確認で連係ミスが劇的軽減!

  • 本レッスンは2011年4月に掲載されております。
    バックナンバー購入ページへ
  • 定期購読・バックナンバーご購入のご案内

  • デジタルブックで、全ページがご覧頂けます!!

第23回 スピン スライス サーブ回転量UP法

第23回 スピン スライス サーブ回転量UP法
第23回 スピン スライス サーブ回転量UP法

第23回 スピン スライス サーブ回転量UP法
第23回 スピン スライス サーブ回転量UP法
  • Point1: <デュースサイド>スライスサーブをワイドへ打つ
    トスを通常よりやや右&前に上げれば簡単にワイド打ち込める!
  • Point2: <デュースサイド>スライスサーブをセンターへ打つ
    スイングと同時に左手を引き寄せれば体が回るのを防ぎセンターへのコントロールが思いのまま!
  • もっとコントロールできるコツ!
    ネット上の通過する場所をイメージすれば狙ったコースに入りやすい
  • <デュースサイド&アドサイド>フラットサーブをセンターへ打つ
    ボールの上を削るイメージでスイングすれば高確率フラットサーブ打てるようになる!
  • 基礎をCHECK!!
    フラットサーブではできるだけ≪前≫にトスアップ⇒確率がグンとUP↑する!(左下図参照)
  • Point1: <アドサイド>スピンサーブをワイドへ打つ
    強回転スピンサーブへの振り上げ完成!
  • 基礎をCHECK!!
    スピンのトスアップ位置は・・・自分の頭の左はNG!頭の上あたりが正解◎
  • Point2: <アドサイド>スピンサーブをワイドへ打つ
    左腕を引き寄せ体の開き制御する⇒正確無比コントロール可能に!
  • Point1: <サーブ共通POINT>
    トスアップ後左手高い位置キープ⇒パワー蓄積&スピード加速見違えるサーブに!
  • Point2: <サーブ共通POINT>
    軸足つま先横向きキープ打球が左に流れる悩みを解消!
  • ココもCHECK!!
    強い回転をかけるにはグリップを少し薄く握ると打ちやすい

  • 本レッスンは2011年3月に掲載されております。
    バックナンバー購入ページへ
  • 定期購読・バックナンバーご購入のご案内

  • デジタルブックで、全ページがご覧頂けます!!
トップインドアステージ